Tel:0949-28-7310

〒823-0004 福岡県宮若市磯光1236-1

アレルギー・花粉症外来

その他診療内容

花粉症

花粉症かな?と思ったら

花粉症の症状が出たとき、市販薬で対処していませんか?
花粉症の症状や重症度は人それぞれに異なります。原因となるアレルギー物質も、場合によっては花粉でないこともあります。薬の効果や体に合うかなど、個人差もあります。花粉症のような症状を感じたら、まずクリニックで診察を受け、ご自身に合った対処法を見つけることをおすすめします。

症状チェック

  • くしゃみや鼻水が続けて出る。
  • 透明のサラサラとした鼻水が出る。
  • 鼻がつまる。
  • 目がかゆい。
  • 毎年同じ時期に同じ症状が出る。

上記のような症状がある場合、花粉症の疑いがあります。

受診のポイント

症状によって、処方するお薬は変わります。
患者さまの症状とライフスタイルに最適な薬をお出しするためにも、問診時に、お困りの症状をできるだけ正確にお伝えください。受診時の症状が軽い場合「いちばんつらいときの症状」「いちばん困っていること」を教えてください。

検査方法

血中IgE抗体検査(血液検査)でアレルギーの有無を検査します。
原因となるアレルゲンを血液検査で調べることも可能です。(一度に最大36項目まで)

治療方法

花粉症の時期を乗り切るコツは、症状がひどくなる前に受診すること。症状が重くなってからではお薬が効きづらくなってしまいます。早めに薬を飲み始めることで、花粉の飛散量が多くなっても症状のコントロールがしやすく、症状を軽くすることができます。
事前に花粉症の症状を抑える効果がある注射(ケナコルトA)もあります。

症状はひどくなる前に受診することで

  • 症状が出る時期を遅らせることができる。
  • 症状を軽くできる。
  • 薬の量・種類を少なくできる。

花粉の飛び始め時期の目安

スギ
1月下旬~4月下旬頃
ヒノキ
2月初旬~5月下旬頃
ハンノキ
3月~6月中旬頃
シラカバ
4月中旬~6月末頃
ブタクサ
8月~12月中旬頃
ヨモギ
8月下旬~11月末頃
カナムグラ
8月下旬~11月末頃
 
PageTopへ戻る